さくひん。

120 views
約 3 分
こんばんわ!!Hirokiです!
金曜日のブログを更新していきます!!
昨日はとてもいい天気で、暖かかったのですが、今日は急に寒くなったり、
気候の変動が激しいですが、体調に気をつけて、年末まで突っ走りましょう!!



昨日の夕方、僕の家の窓から見えた満月!!
外は暗いのに、なんで明るいんだろう?と思ったら満月でした!
サプライズフルムーン!!


今週のブログは久しぶりにテーマを持って書いていこうと思います!
今回のテーマはこちら!

「作品」

シンプル!!
作品について、吐き出し気味に書いていきます!笑

①「表現方法」
僕たちは、基本的には音楽に身体表現を乗せて表現をします。
音楽がなくても、もちろん表現は成り立つので、音楽のアリナシは関係ないかもしれませんが。
外国に行って、言葉が通じず、ジェスチャーで思いを伝えようとする行為も身体表現だと思います。
意外と身近にある行為を、僕たちは音楽に合わせ、感情や思いを添えて、身体表現しています。
身体表現が、表現をする上での1つのツールというイメージで考えています。


②「作るとは」
作るといえば、パッと思い浮かぶものは何でしょうか?
僕は1番最初に浮かんだのは、「ご飯」でした。笑
ご飯=料理を例として考えてみます!
家で、料理をして、ご飯を作る。一見普通のことですが、深くいきましょう!笑

なぜご飯を作るのでしょう?

→例:お腹が空いたから・節約・単純に好き。

など、色々理由が見つかると思います。
これと全く同じで、「作る」ことには理由があります。
その理由の中でも、自分の為のもの。自分以外の人の為のもの。特定の誰かの為のもの。
種類がたくさんあると思います。理由があるもの全てを僕は作品と呼びたい!!
なので、お腹の空いた自分の為だけに作った野菜炒めも作品!笑


③「目的・対象」
野菜炒めも作品とは言ったものの、普通は何も考えずに作ると思います。
目的・対象を意識して作る。
これが作る上では、大事だと思っています。

「何のために。誰のために。」

この事を考えるということは、しっかりとした思いが理由となり、
自分の中にある状態でないと、できないことだと思います。

「あの人は疲れて帰ってくるだろうから、野菜炒めを作って待っていよう。」とか、
「今日頑張ったから、自分のために大好きな野菜炒めを作ろう。」とか。

目的・対象を考えることは言い換えれば、想像すること。
想像することが「作品」の根本にあるのではないかな〜と。
この世に生み出された、全ての物は、誰かが誰かを想像しながら作った作品。
そう考えると、とても幸せな気持ちになりますね。
形のある物じゃなくて、無形のモノ。僕らの作品なども同じことです。

吐き出し気味に、書いているので、
少し後に読み返したら、めちゃくちゃ当たり前のことを書いているのかもしれませんが。笑
LightHouseの作品は、結構わかりやすく作品性が変わっっていくので、
時間があるときに遡って、順番に観てみてください!!
徐々に変わっていくので。笑

思いが理由になり、未来を想像し、表現したモノ=「作品」
コンセプトに近いのかもしれないです。

表現のツールはいくらでもあると思うので、
自分の持っているツールで、「誰か」や「自分」の為に、
その先にある未来を想像しながら、作品を作ってみてはいかがでしょうか!


誰かが誰かを思っている瞬間って素敵だと思います!
自分が自分を思うことも、もちろん素敵だと思います!

読んでいただきありがとうございました。
また来週!!

Hiroki

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)