ダンサーもクリエイター

153 views
約 2 分
こんばんは!
9月のナンバーに向けて、今日もHiroki と制作してきました!!


様々なジャンルのクリエイターとお会いして話す機会があり、仕事をする中で意識している部分に共通点が見つかったので、

今週のテーマは


「ダンサーもクリエイターの一面が必要」

としてみます!!

結論からいうと、
僕が出会った数名のクリエイターが、仕事として何かを創作する時に意識していることは、

「自分を無くすこと」

これってビジネスの本質である『問題解決』をするために必要な作業だなと感じました!

いつもの自分のものづくりのスキルを使って相手の要望に応える。
自分のスキルで相手がもっている問題を解決する。


ダンサーのアーティストの振付という仕事で例えると

・アーティストのダンススキルに合わせた動き
・曲のテーマがお客さんに伝わる、見える
・そのアーティストの別の曲とは違う雰囲気や流れ、振付の形
・時間とお金の予算の都合に合わせた内容

ここに

・自分はこんな動きができる
・自分はこの方が踊りやすい

など自分のことだけを考えた振付にしてしまうと、きっとそのアーティストから次の曲の依頼は来ないかもしれません。

なので、『振付』というものづくりにおいて、クリエイターとして、『自分を無くすこと』はとても重要だと思います!!



100people 更新しておらず本当申し訳ないです。

この企画本当に大変、、、笑
インタビューできるタイミングでインタビューしてストックしていこうと思います!笑

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

OGA

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)