時間という資源

116 views
約 3 分
こんばんは!!
みんな自給自足の生活に戻ったら人と比べなくて済む世界になると思い、まずは野菜を育て始めましたOGAです!


当たり前に深夜から朝まで練習をする僕たちダンサーは、時間の使い方が下手なんじゃないか?と思い、資源の一つ
「時間」について今週は書きました!

ビジネスをする上で意識すべきことは、資源を何にどれくらい使っているか?です!
今言われている経営資源は

人、モノ、お金、情報、時間、知的財産

の6つと言われています。

一般的に時間というものは、みんな平等で1日24時間あります。
答えが無い「ダンス」というものを作るときに、何時間も考えて何時間も作り込んでも、お客さんが目にする瞬間が全てであって、いくら時間をかけたか?は全く関係がなくて、早くできたら良いに越したことは無いのです!

そこで100%完璧なものを作ることに時間を浪費するよりも、70~80%くらいのものをたくさん作れば、成長しながらたくさん発信できるので、結果的に効率がいいと思っています。

極端な例ですが、1日で作品を作るとします。


100%の作品を作るのに15時間掛かったとします。
残り9時間のうち、

明日のことを考えると6時間は寝たい。

朝・昼・夜の食事に1時間30分

ストレッチに30分

休憩30分

お風呂に30分

もう24時間つかい切りました。
ですが、完璧な作品ができました!

他の価値観を持った人や、どんどんと更新されていく情報に触れる機会がありません。
ということは、以前と変わらない自分で、変わらない作品しか作れないと思います。


70%の作品を作るのに10時間30分掛かったとします。
残り13時間30分のうち、

明日のことを考えると6時間は寝たい。

朝・昼の食事に1時間

夜には作品ができていたので夜ご飯はデザイナーやトラックメイカー、大企業で働く友達と飲みに行き2時間

読書に1時間

来月のことを考えるのに30分

昨日の振り付けを修正するのに30分

ストレッチに30分

休憩30分

お風呂に30分

今の世の中を知るためにSNSやネットでニュースを見る50分

寝る前に明日やることを考えるのに10分

自分の中で振り付けの流れが悪いと思ったところは、少しずつ修正すればいいので、70%でも一旦できたことにして、次の日に修正しました。


この2つの異なる1日の使い方を365日で考えてみてください。
来年の今日の時点で作品を作った数は365個と同じだとして、どっちの人生が豊かそうですか?
限られた時間の中で何かを達成するためには、時間に対する感覚も養っていくべきだと思っています。


100people 12/100

今週は、一緒に仕事している高校の同級生!

時宗です!!!


時宗 孝輔
肩書き:漫画家
連載マンガ
https://www.sukima.me/book/title/makabesensei/
長所:見切りが早くて、切り替えがすぐできる
短所:すぐ飽きちゃう

質問
「漫画家以外にやりたいことは?」

とっきー
「人に褒められることがいいかなー。
人に褒められることで、悦に浸れること!笑」

OGA
「笑」

とっきー
「それ以外ないから、マジで。
自分のってなんなかったら嫌かな。
集合体で一個みたいな。
それだったらやりたくないかもしれない。そういうのはつまんないよね。」

OGA
「へー。なるほどね。」

とっきー
「なんでもいいんだけどね。本当に。」


彼らしい答えで、なんだか安心しました。笑
最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

Member

Leader , ProducerHiroki Ogawa
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)