情報リテラシーの大切さ

247 views
約 3 分
こんばんは!!
福岡ワークショップに来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました!

自分達の活動として福岡に行けたことが嬉しかったです!!
また秋頃に福岡行く予定なので、詳細決まり次第お伝えします!



さて、今週は

「情報リテラシーの大切さ」
情報リテラシー:情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のことである。(*wiki参照)


ダンスをしていて、毎日自分からとりにいってる情報といえば

・SNS上でフォローしている人が発信したもの
・かっこいいダンス動画
・音楽
(ダンスの仕事で使うものや、好きな音楽)
・振付
(先生、友達、チームメイト、仕事)
・ファッション
(曲に合う衣装、流行りの服)

etc…

これらの情報だと、ダンサーやモデルとか、人前に出る仕事に繋がる感じしますね!!
事務所に入ったり、誰かがビジネスをしてくれる人がいれば良さそう!

ただ、日本のダンサーのほとんどが、自営業になるんです。
かっこよく言えばフリーランサー!!
どういうことかというと
『個人でビジネスをしないといけない。』

どうやったらファンが作れて、いつお金を自分たちに使ってくれるのかを考えなくてはいけません。
なので、そのための情報もとりにいきましょう!

ダンスが上手なのは当たり前で、別のところでも他との差別化を図らなければいけません。

例えば
・ダンス以外の舞台を観に行く
・ダンスとは関係なさそうな本を読んで、自分の活動と掛け合わせてみる。
ブランディングやマーケティングなど。
・交流会に行っていろんな価値観を持った人たちと会話をする
etc…

ダンスが上手くなりたいのか、ダンスをして生活がしたいのか、
自分にとってのダンスの目的を少しでも解像度を上げて、そのための情報をとりにいきましょう!

【100people 8/100】

千葉でカフェの店長をやっていた時の友達です!
名前:西村亮兼(にしむらりょうけん)

肩書き:トップスタイリスト
長所:夢見がち
短所:コーンを消化できない

質問
「自分の髪型には、どんなこだわりがありますか?」

亮兼
「プロとしての装いを意識。
アシスタント時代から心がけているのは年上に見えるようにすること。
髪を明るく染めたことはありません!
常に貫禄をつけることに注視して、たどり着いたヘアスタイルです。」

OGA
「おー。ありがとうございます!」

写真撮り忘れたので、亮兼の個人写真をどうぞ!!
次亮兼とあった時に写真撮って更新します!!
亮兼とは前から一緒に何かやろう!って話をしていて、来年あたり動き出しそうです!!
お楽しみに!!


最後まで読んでいただきありがとうございました!!

OGA

Member

Leader , ProducerHiroki Ogawa
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)