ダンスと身体。

198 views
約 4 分

こんばんわ!!
今週も金曜日のブログを書いていきます!!
今週の100 Peopleは、「大門千彌さん」に質問してきました!
ブログ後半に書いてます!お楽しみに!!


ここ最近、ほぼ毎日レッスンしているので、
僕自身の経験から、ダンスと身体について書いていこうと思います!


僕は18歳くらいからダンスを始めたのですが、最初、暴れん坊と呼ばれてました!笑
元々、力の入れ具合が100%か0%のどちらかしかわからず、常に100%で踊ってました!
なので周りから見たら、大暴れしているように見えたのかも。。。笑


そんな中で、考えたのは、「筋肉の質」でした!
僕は、長距離走が極端に苦手で、完全に短距離派でした!
なので、僕の筋肉の割合的に速筋が多いのだと思います!
速筋とは、素早く収縮し、瞬発力を引き出すために使われる筋肉です。
なので、踊ったときに速筋が大活躍して、瞬発的に100%の力で動かしていたのかも。
って思って、ほとんど力を入れずに踊ることを意識して踊る練習をしました!
初めは、ダラダラ動いてるようにしかならず、身体の使い方がわからずに苦労しました。。。

そういった考えや意識を持ちながら、
踊り続けると少しずつ力を抜いても身体を動かせるようになってきました。
さらにリズムトレーニングやアイソレーションを毎日個人練習で行いました。
そういった基礎的な動きの中では、自然に動く身体を意識しました。

自然に動くことをわかりやすく伝えるために、普段歩く時のことを、よく例えに出すのですが、

①「手を振らずに歩く。」→動くが固くみえる。
②「手を振って歩く。」→動きが自然に見える。

この①に当てはまるのが「始めたてのダンス」です。


「歩く」という行為は、赤ちゃんの頃から、歩くトレーニングをしているので、
今では無意識に自然に歩くことができるのですが、

「踊る」という行為は、中々機会がないと、トレーニングすることではないので、
始めたばかりの頃は、赤ちゃんと一緒。
なので、まずは自然に動くことを意識すると、そのうち無意識に自然に動けるようになります。


・自分の身体の筋肉の質。

・自然に動くことを意識する。


この2点は、僕がダンスを始めた最初の頃に、大事にしていたことなので、
是非参考にして、練習してみてください!!!
ちなみに、右利きなのですが、左手でご飯を食べたりもしてました!
この話は次回書きます!!


LightHouse 100 people  【4/100】

今週は、僕たちのレッスンに通ってくれていたり、作品に出演してくれている、
「大門千彌さん」に質問してきました!

名前:大門千彌 [ダイモンカズヤ]
肩書き:会社社長・みんなのパパ
短所:決断力か弱い・お酒で赤くなる・声が通らない
長所:面白い人を目指している人が好き



質問「カズヤさんにとって、1日の中で最もリラックスできる時間はいつですか?」

カズヤさん
「最近ハマっている、ハイボールを自分で作っているときです!!笑」

Hiroki
「なるほど。ということは夜ですね〜。」

カズヤさん
「そうです!朝はコーヒー豆を手挽きするときにリラックスできてます!!」

Hiroki
「朝も夜もリラックスする時間があるんですね!素敵です、、、!
ちなみに、リラックスタイムを複数設けることで、毎日、自分らしく過ごせている実感はありますか?」

カズヤさん
「朝のコーヒーの手挽きは音も香りも良いですよ!洋服も好きなのでその日のコーディネート考えるのも楽しいです!
大好きなLightHouseのレッスン行ける日はテンション上がります、、、!!
おかげさまで、毎日自分らしく過ごせています!!笑」

Hiroki
「カズヤさんの、余裕のある雰囲気もこういう時間が取れているからこそなのかもしれませんね!!
いつもありがとうございます!!」


1日の中で、複数回リラックスできる時間があると、
自分のペースや感覚をしっかり取り戻すことができそうですね〜!!!
僕も真似してみます!!

NOA Dance studio で僕のレッスンに来てくれたら、
大体、カズヤさんは受けてくれているので、沢山話しかけてみてください!!
面白い話が沢山聞けると思います!!


カズヤさん、ありがとうございました!!
来週も100 people お楽しみにー!!
また来週です!!

 Hiroki

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)