ダンスという商品

269 views
約 4 分
こんばんは!!

最近は”自分のダンス”をする時間が増えたので、踊ってる時間がとても楽しいです!

OGAです!

今週の「ダンサーによるダンサーのためのビジネスブログ」は

【ダンスという商品】

について書きます!


【問題を解決する】
ダンスは踊ってる時間や作ってる時間がとても楽しいモノなので、商品としてダンスを捉えるのがとても難しいです。
どういうことかと言うと、

商品とは、あくまで"他人の問題を解決する"ための品なので、ダンスを用いて誰かの「不満」「怒り」「不便」を改善させる必要があります。

例えば

・ダンスをもっと知りたい
・ダンスを習いたい
・体を動かしたい
・イベントの出演者が欲しい
・振り付けを考えてる時間がない
・自分では振り付けを考えられない
・その人に会いたい
etc…

こんな具合に、ダンスを求めてる人たちがいます。
それらの問題を解決するときにお金が発生します。

解決方法

・ダンスレッスン(オンラインレッスン等)
・イベント出演
・振付師
・ダンスアーティスト

これらは、今現在あるダンスの商品です!

ただ、もう飽和してるように感じます。
僕らより下の世代はダンスが上手いのに仕事がない、、、
上手いのに仕事がない。。。

そう、上手いだけでは仕事がないんです。

なぜなら問題を解決していないから。

どんな問題を抱えてる人がいて、それをどういった方法で解決するのか?を考えてダンス活動をしていきましょう。


【価格設定をして気持ちよく仕事をする】

今僕が感じている問題は、

「ダンサーが自分の価値を自分で決めていない」

です。
何にいくらかかって、自分は日当いくら必要なのかを計算して、

「これくらいのギャラならできる」
「これ以下はできない」

を決めておきましょう。

高く設定しよう。というわけではなく、

「0円でも経験のためにやる!」
「3万円もらえないなら、別の案件を探す」

など、"自分の中で価格を設定"しておいて、仕事を振る側も、仕事を頂く側も気持ちよく仕事していく世界が理想です。

完全にやりたいことと一致してる場合は違うけど、いくらもらえるかわからない状態で仕事をするのは、ギャンブルと同じだと思います。

僕の意見ですが、ダンサー全体の価値を上げるには、まずは自分で価値を決める努力をすることだと思います。


【告知】
14日のMETAMORPHOSE ワークショップ来て頂いたみなさん!!
ありがとうございました!!

次のワークショップは福岡で6月1日に開催します!
お近くの方は是非ご参加ください!

【詳細】

Workshop and Showcase in FUKUOKA

2019 /06/01(sat) 
@CREA(クレア) 大名スタジオ
スタジオ住所:福岡県福岡市中央区大名1-5-4

①17:30-19:00 [定員40名]
【Workshop】
LightHouse2人による、通常のWorkshop!
ゆっくり丁寧に教えていきます!
楽曲:3曲から選択頂き、リクエストが1番多かった楽曲でレッスンします!
・Better with you
・Mess it up
・You're not alone

②19:30-21:00 [定員40名]
【Workshop and Showcase】
LightHouseの映像作品「Weather」のテーマソングを使ったWorkshop!
さらにWorkshopの最後に「Weather」のShowcaseを披露します!!
楽曲:Weather - LightHouse feat.向井太一

【Price】
1Class・・・¥3,000-
2Class・・・¥5,000-
2Class受講で、合計1,000円お得に!!

予約はこちらから!
http://lths.jp/reservation/


最後まで読んで頂きありがとうございました!!

OGA

Member

Leader , ProducerHiroki Ogawa
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)